2017.07.08不動産売買 , 住宅ローンの話 , 賃貸マンション , 購入術

不動産購入時の初期費用~登記費用~

Pocket

不動産を買うということ。法人であれば経験があるかも知れませんが、それでも慎重に選び、
個人にとっては一生に1度かも知れないとても大きな買い物ですね。
では、初期費用としてどのぐらいの金額が必要か簡単に説明します。

5d66af8dd0a4d7f346a6aa84af9a0165

・不動産の販売価格以外にどんな費用が掛かるの?
・登記ってなに?
・登記費用の計算

 

・不動産の不動産評価額(販売価格)以外にどんな費用が掛かるの?

大きく分けると3つになり
不動産取得税
登記費用
仲介手数料は不動産評価額の約3% + 64800万円(税込み)が上限

ここでは①の登記費用についてお話します

・登記ってなに?

例えば、AがBの住んでいた家を買いました。しかし、Bのものだと思い込んでいた家の所有者が実はCでした。なんて事になるとAは困りますよね!
そうならないよう不動産の権利が誰にあるのかを明確にし、取引を安全にする「登記」という制度があるのです。

・登記費用の計算

登記費用は大きく2つに分かれています。
①実費(登録免許税・登記簿謄本代・交通費等の総額)
②司法書士報酬(手数料)

登録免許税収益物件(例えばマンション1棟購入して家賃収入を得る)が目的か、
一定の大きさや築年数での居住を目的としたものかで変わってきます。
calculator-428294_960_720[1]
収益物件の登録免許税 = 不動産評価額 × 3.9%
居住用の登録免許税 = 不動産評価額 × 1.9%
それに加えて登録事項証明証が 不動産の数 × 600円 掛かります。

・まとめ

交通費等を除く実費(登録免許税・登記簿謄本代)については、どこに依頼をしても同じですが
司法書士報酬はどの司法書士事務所を選ぶかで大きく異なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
賃貸事業部デスク レオンワークス
大阪市北区の不動産会社
賃貸事業部デスク レオンワークス

最新記事 by 賃貸事業部デスク レオンワークス (全て見る)

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

Please Login to Comment.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)